Hubble Inc.

契約書管理クラウドサービス「Hubble」を提供する株式会社Hubbleのnote。 …

Hubble Inc.

契約書管理クラウドサービス「Hubble」を提供する株式会社Hubbleのnote。 Hubbleで働くメンバーやチームや、働き方、プロダクトへの想いなど情報発信中!

マガジン

  • みんなのnote

    Hubbleの役員やメンバーのnoteを紹介します!

  • Development Team

    Hubbleの開発組織を紹介します。

  • Hubbleで働く仲間たち

    Hubbleで働く仲間たちを紹介します。

  • カルチャー紹介

    Hubbleで大切にしているカルチャーや働き方、福利厚生などをご紹介します。

  • Business Team

    Hubbleのビジネスサイドの組織についてご紹介します。

ウィジェット

リンク

  • 紙、サイン、電子契約…「Hubble」は面倒な契…
  • コンセプトムービー - 契約書管理クラウドサービ…

最近の記事

  • 固定された記事

エンジニア座談会|Rubyメインで開発していたバックエンドチームが、Goを導入してみたお話。

Hubbleのバックエンドエンジニアはこれまで、主にRubyを使用し、時折JavaやPythonでの開発も行ってきました。 そして昨年からはGoを使用した開発も始まりました。この変更はあるメンバーの提案によるものだそうです。今回はGoの導入を提案した中島と、バックエンドを現場から支えるCTOの藤井による対談をお届けします! Hubbleのバックエンドは、Rubyがメイン白木:まずはお互いの紹介をお願いします!  藤井:他己紹介にしようか!中島くんはリードエンジニアとして

  • パイオニアユーザー募集!GPTで実現する契約書管理の完全自動化

    皆さん、こんにちは。Hubble代表の早川です。 4月に「Hubble × GPT × 契約書管理」の特大リリースをしますので、先んじてご紹介です。 パイオニアユーザーとして先行的に使ってみてフィードバックしても良いよ!というユーザーの方がいらっしゃれば本機能のオプション料金を永年無料(2月末まで・限定10社・抽選)で提供しますので、ぜひお声がけください。 シェア頂くだけでも本当に嬉しいです。 機能概要締結後の契約書管理が完全に自動化する世界がやってきました。 AI(GPT

  • 契約書を入れるだけ! GPTで自動化する契約書管理 「Hubble mini」の開発秘話

    はじめに2024年1月22日、私たちは新サービス「Hubble mini」を発表しました。Hubble miniは、「GPT-4を活用し締結後の契約書管理を自動化するクラウドサービス」です。 契約書の締結前から締結後まで一気通貫で管理できるクラウドサービス「Hubble」がなぜ新サービスを開発したのか? CLO酒井さんと話したので、その内容をnoteに書いてみました。 Hubble miniは顧客の声から生まれた(酒井)取材形式でプロダクト開発について話してみようとはじま

  • 【Hubble×LAPRAS】エンジニア交流会について、両社CTOに突撃インタビュー🎤

    LAPRASでは他社のエンジニアチームとの交流会を不定期に実施し、お互いの知見や悩みなどを共有することで、エンジニアの学びに繋げています。 今回は、LAPRASとエンジニア交流会を実施いただいた、Hubbleさんにお越しいただき、CTO同士でエンジニア組織やエンジニア同士の交流について語っていただきましたので、その様子をお届けします! <お話いただいた方> 現在のエンジニア組織について教えてください藤井さん:Hubbleは契約書管理のクラウドサービスを提供している会社で

  • 固定された記事

エンジニア座談会|Rubyメインで開発していたバックエンドチームが、Goを導入してみたお話。

マガジン

マガジンをすべて見る すべて見る
  • みんなのnote
    Hubble Inc.
  • Development Team
    Hubble Inc.
  • Hubbleで働く仲間たち
    Hubble Inc.
  • カルチャー紹介
    Hubble Inc.
  • Business Team
    Hubble Inc.

記事

記事をすべて見る すべて見る

    法務の経験を活かして、"契約DX"推進のプロフェッショナルに

    今回は、Hubbleのカスタマーサクセス(以下CS)チームで活躍する上村の社員インタビューです! HubbleのCSチームの特長は、メンバーの半数以上が法務経験者であること。上村もその一人で、前職ではHubbleを導入するプロジェクトを推進していた元Hubbleユーザーです。彼が法務からキャリアチェンジをしてHubbleのCSとして入社した理由について、詳しく話を聞いてみました。 元々は、リーガルテック導入を推進する法務担当ーー上村さんは法務経験者ということですが、これま

    法務の経験を活かして、"契約DX"推進のプロフェッショナルに

    技術への興味こそが最強のモチベーション。Hubbleフロントエンドエンジニアの思考

    今回は創業期メンバーの1人・フロントエンドエンジニアの齋藤の社員インタビューです!2021年のインタビューを、現代版にリライトした内容でお届けしています。 「この人と働いたら面白そう」から始まったHubbleのエンジニア第一号――これまでのご経験と、今Hubbleで担当されていることについて教えてください。 フロントエンドエンジニアとして、2018年7月に入社し、Hubbleのエンジニア1号として、プロダクトローンチ前からチームに参加しています。 現在は、フロントエンド

    技術への興味こそが最強のモチベーション。Hubbleフロントエンドエンジニアの思考

    Hubble公式noteの歩き方

    2022年12月15日にHubbleの公式noteを立ち上げてから、1年と少しの時間が経ちました。時の流れは本当に早いものですね。 このnoteは、採用広報として会社やメンバーをより知ってもらうことを目的にスタートしました。ありがたいことに、採用活動のみならず、他の様々な場面での活躍も徐々に見え始めてきました。 記事の数が増えてきたので、この機会に「Hubble noteの歩き方」を改めてご紹介させていただきます! noteのコンセプトは「Purpose & Value

    Hubble公式noteの歩き方

  • 日本版リーガルテック史〜2030年に向けて

    【この記事は法務系 Advent Calendar 2023における22日目のエントリーです】   Yuichiro MORIさんからバトンを受けて、今年初参加させていただきます!   私は、2014年から弁護士としてキャリアをスタートさせ、2017年秋以降は「Hubble」というリーガルテックスタートアップを経営しております。  このnoteでは、「リーガルテック元年」と称された2019年からの丸5年を振り返り、これからを予想してみたいと思います。時代の変化が速すぎて、数年

    日本版リーガルテック史〜2030年に向けて

  • 就任半年、リーガルテックのCCOが今思うこと

    みなさん、こんにちは。 この投稿は、CS HACK Advent Calendar 2023の記事です。昨日のkuny.さんからバトンを受けまして、本日は24日目、クリスマスイブの投稿となります! 誰がこの記事を書いているのか?簡単に自己紹介させてください! 元メーカー法務で、現在は契約書管理クラウドサービス(いわゆる「リーガルテック」)「Hubble」でカスタマーサクセスの担当執行役員(CCO)と法務向けメディアのLegal Ops Lab(略してLOL)の編集長を兼務

    就任半年、リーガルテックのCCOが今思うこと

  • 採用広報を立ち上げて1年。どんな成果が出たかご紹介します!

    こんにちは!今年は#ライターアドベントカレンダーに参加し、このnoteは15日目の記事です。 申し遅れました。Hubbleというスタートアップで人事を担当している、しらき(@naxano__)と申します。 ちょうど1年前の12月15日に採用広報を目的としたnoteを立ち上げ、今日で1周年を迎えました。 このアドベントカレンダーはライターギルドということで、1年間の採用広報活動を通じてどのような成果が得られたかをお伝えすることにしました。 採用広報を立ち上げた背景私がH

    採用広報を立ち上げて1年。どんな成果が出たかご紹介します!

  • 実際どうなの?リーガルオペレーションズver.2023

    みなさん、こんにちは。 このnoteもまたかなり間をあけての投稿になってしまいました。この投稿は、裏法務系アドベントカレンダー2023の記事です。 昨日のAmi〜こちら個人情報担当ですさんからバトンを受けまして、本日は12日目の投稿となります! 誰がこの記事を書いているのか?まず、簡単に自己紹介させてください! 元メーカー法務で、現在は契約書管理クラウドサービス「Hubble」でカスタマーサクセスの担当執行役員(CCO)と法務向けメディアのLegal Ops Lab(略し

    実際どうなの?リーガルオペレーションズver.2023

    デジタルマーケの王になる!フリーランスから社員に転身して、Hubbleで目指すこと

    今回はディレクター兼デザイナーとして活躍する藤田の社員インタビューです!元々は業務委託としてHubbleのデザインを支えてくれていた藤田。なぜ正社員へ切り替えたのか、なぜデザインだけでなくデジタル領域を支えるディレクターとなったのかを話してもらいました。 デザイナーから始めたキャリア。クリエイティブに留まらない領域へ――Hubbleへは当初業務委託でジョインされていたと思いますが、これまでのキャリアを教えてください。 短大でデザインを学び、新卒ではWeb販売代行事業を行う

    デジタルマーケの王になる!フリーランスから社員に転身して、Hubbleで目指すこと

    「法務の課題をリアルに語れる」ことが、ユーザーとプロダクトに価値をもたらす

    今回は2020年1月にHubbleに入社し、カスタマーサクセス(以下CS)チームを立ち上げ、現在はCCO兼マネージャー兼自社メディア(Legal Ops Lab)の編集長として活躍する山下のインタビュー記事です! 元法務・元Hubbleユーザーの山下が、なぜHubbleに入社したのか。なぜ法務ではなくビジネス部門なのか。ぜひご覧ください! 法務の業務はこんなにも改善できる――「気づき」から「広める」挑戦へ――現在Hubbleでどんな業務を担当されているのか含めて、自己紹介

    「法務の課題をリアルに語れる」ことが、ユーザーとプロダクトに価値をもたらす

    ユーザー会に突撃!with Hubbleの裏側覗いてみた

    Hubbleでは半期に1回、通称「with Hubble」と呼ばれるユーザー会を開催しています。第7回目のユーザー会は、2023年9月13日に行われました。このイベントにはHubbleをご利用中の約40名のユーザーの皆さまにご参加いただき、非常に素晴らしいひとときとなりました。 このnoteでは、第7回ユーザー会の舞台裏をご紹介させていただきます! なぜユーザー会・with Hubbleをやるのかユーザー会の目的は大きく2つ。 1つはユーザーの皆さまにもっとHubble

    ユーザー会に突撃!with Hubbleの裏側覗いてみた

    Hubbleの魅力を広めたい。仕事一つひとつに向き合う、新卒の愛されキャラ

    今回は2023年新卒でHubbleに入社し、カスタマーサクセス(以下CS)として活躍する山村のインタビュー記事です!すでに愛されキャラとして確立している山村が、どのようにしてHubbleに入社したのか話してもらいました。 アルバイト先で出会ったSmartHR、そこからSaaSの道へーー2023年新卒として入社するまでの背景を含め、自己紹介をお願いします。 大学時代、アルバイトしていたラーメン屋の労務管理ツールとしてSmartHRが導入されました。今までの紙での面倒なやり取

    Hubbleの魅力を広めたい。仕事一つひとつに向き合う、新卒の愛されキャラ

    FY23 下半期キックオフを開催しました!

    Hubbleは年度が4月から始まるため、今月から下半期に突入しました。 昨年は9月末に上半期の締め会を行いましたが、今年は展示会の期間と重なったため、10月初めに下半期のキックオフを行いました! 通常、弊社では2/3程度のスタッフがリモートワークを行っていますが、この日は半年に一度の全社員が集まる日でした。アルバイトや業務委託の方も大集合し、オフィスはぎっしりと人で埋まりました。 FY23 上半期の振り返りまずはCEO 早川から、上半期の全社的な振り返りを。 しっかりと

    FY23 下半期キックオフを開催しました!