見出し画像

数字で見るHubble(2024年度版)

様々な会社が行っている「数字で見るシリーズ」。これまでHubbleでは事業側に関する内容は3周年記念サイトを作った際に公開していましたが、会社全体について分かる内容はまだやっていませんでした。

そもそも既存メンバーでも把握していない内容もあるのでは?と思い、今回は様々な数字をまとめてみました!

数字で見るHubbleメンバー

職種比率

正社員は、5月で42名になりました。昨年まではSREやEnterprise専門組織がなかったため、新しい役割が増えたり、各チームの人数が増えたりと、着実に組織としても成長しています。エンジニアは一見少なく見えますが、フリーランスの方々が業務委託でも同じくらい稼働いただいています。

6月からも新メンバーの入社も続いており、2024年度中にさらに拡大していく予定です!


男女比

2,3年前までは、実は男性しかいなかったHubble。当時の社員のnoteには、こんなことが書かれていました。

気づいたら全体の約30%が女性社員となり、割合も増えてきました。さらには昨年からは女性マネージャーも誕生!男女問わず働きやすく、評価される会社になってきているのが目に見えるようになり、とても嬉しいです。


平均年齢・子育て比率

Hubbleの平均年齢は32歳で、4人に1人が子育て中です。東京都福祉局のデータによると、第一子を出産する女性の平均年齢は30歳前後です。これを踏まえると、Hubbleのメンバーが活躍するためには、子育てと両立できる環境が大切であることがわかります。

スタートアップのため、子育て環境が超充実しています!というわけではありませんが、家庭庁ベビーシッター利用割引券を導入したりと、順次アップデート中です。

実際に子育て中のメンバーの声はこちらからご覧いただけます!


数字で見るHubbleでの働き方

Hubbleはフルフレックス・ハイブリッドワークを採用しているため、人によって働き方が大きく異なります。面談で「実際にはどうなんですか?」とよく聞かれるため、実際にどれくらいなのか、数字でまとめてみました!


平均出社日数

毎月の平均出社日数は8日程度です。Hubbleではリモートワークと出社を自由に選べるハイブリッドワークを導入しています。

実はリモートワークができる環境でも、「出社した方が働きやすい!」と感じるメンバーもいます。そのため、毎月0~1日しか出社しないメンバーもいれば、20日近く出社するメンバーもいます。結果として、平均出社日数は8日(週2日程度)となっています。


離職率

昨年2023年度は退職者が3名でした。一般的な企業の平均離職率は15-20%程度というデータがあるため、Hubbleの離職率は平均より低いことが伺えます。

住んでいる場所

最後は数字ではありませんが、社員の住んでいる場所についてです。遠方から働くメンバーも増えてきました。Hubbleはハイブリッドワークを採用しているため、基本的に出社できる地域に住んでいただきたいのですが、一部の職種では出社不要かつリモートでも問題ないスキルを持っているため、フルリモートで働いているメンバーもいます。

年に3回程度、全社員で集まる機会があり、そのタイミングを皆が非常に楽しみにしています。

・・・・・

以上、「数字で見るHubble」でした。2025年度にはどのように成長しているのか、今から楽しみです。この成長を一緒に感じたいと思っていただける方は、ぜひこちらもご覧ください!


この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,838件

#企業のnote

with note pro

12,984件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

HubbleのTwitterも フォローお願いします