見出し画像

ユーザー会に突撃!with Hubbleの裏側覗いてみた

Hubbleでは半期に1回、通称「with Hubble」と呼ばれるユーザー会を開催しています。第7回目のユーザー会は、2023年9月13日に行われました。このイベントにはHubbleをご利用中の約40名のユーザーの皆さまにご参加いただき、非常に素晴らしいひとときとなりました。

このnoteでは、第7回ユーザー会の舞台裏をご紹介させていただきます!

なぜユーザー会・with Hubbleをやるのか

ユーザー会の目的は大きく2つ。

1つはユーザーの皆さまにもっとHubbleをより好きになり、活用してもらうこと。そのため、Hubbleをうまく活用しているユーザーさまにご協力いただき、Hubbleを使ったことでの変化や良かったことをお話いただく登壇パートを毎回設けています。

例えば、今回は大塚製薬株式会社の金子佳民様に「導入担当者と振り返るHubble全社運用の裏側と今後の法務組織」というテーマでご登壇いただきました。開催後のアンケートで「自社にいては聞くことができないお話を耳にすることができて、とても有意義な時間でした。」といったお声をいただき、今後のHubble活用の参考にしていただけたかと思います。

他にも、ユーザー会にはエンジニアやPdMなど開発部門のメンバーも参加しています。開発メンバーがユーザーの皆さまに、Hubbleの使い勝手や機能面のお困りごとなどを伺ったり、今後開発予定の機能についてヒアリングを行い、Hubbleの開発に活かしています。

なかなかユーザーの皆さまと開発メンバーはお会いすることが少ないと思います。実際に誰が Hubble を開発をしているのか、どのような想いで開発をしているのかを知っていただくことで、さらに Hubble を好きになってもらえればと思っています。

もう1つの目的は他社のHubbleユーザーの皆さまとの交流機会を作ること。大企業を除き、法務部門は”ひとり法務”ということが非常に多いです。その上、これまで法務関連のイベントや情報交換の場が限られていたため、他社の事例を知る機会が少ない状況でした。

そのため、Hubbleのユーザー会では他社の法務業務をご担当されているHubbleのユーザーの皆さま同士で普段の業務のお悩みや、情報交換の場をご提供できればと考えています。実際、今回のユーザー会では、ユーザーの皆さま同士が盛り上がる場面も多く見受けられました。Hubble ユーザーの皆さまは、フレンドリーで情報感度が高く、常にアンテナを張り巡らせている方が非常に多いです。そのためユーザー会という場でお互いに業務についてのお悩み等を話し合い、意見を出し合うことで、相乗効果を生んでいます。

まとめると、「Hubbleだからこそ使いたい」と思ってもらえるような場所・機会を提供することがユーザー会の目的とも言えるのかもしれません。まさにHubbleのValuesの1つである、ブランド・クオリティを体現しているイベントですね!


企画・運営はCSメンバー

これまでの会も含めて、ユーザー会の企画・運営はCSのメンバーが行ってくれています。今回の第7回目は、今年の4月に新卒で入社した山村が企画・運営を担当しました。

準備は約2ヶ月前から始まります。世間的に忙しい時期、例えばお盆明けや月末月初は避けたり、弊社内で多くの人が出席する可能性のある日(大きな会議や展示会と被る日)を避けるようにします。今回は9月13日(水)に開催しました。

候補を考えていたときのNotion

日程が決まったら、次はユーザー会の内容です。ユーザーの皆様に喜んでいただけるコンテンツや、Hubbleらしいお土産(ノベルティ)の準備、当日のオペレーションの計画など、考えるべきことは盛りだくさん!

ユーザーの皆さまにご案内するためのWebページも同時進行で準備していきます。

今回のノベルティはマグカップに決定。今まで「Hubbleコーヒー」を毎回お渡ししているので、Hubbleのオリジナルマグカップとともにお楽しみいただきたいという想いから、山村が準備を進めました。(ここだけの裏話、実はWebページで掲載しているマグカップはテスト版なんです。このあとにマグカップの素材を変更し、よりベストな状態にして皆さまのお手元にお届けしました。)

今では社員もオフィスで使っています

ユーザー会当日まで検討しつつ、オペレーションを詰めていきます。いつものことながら、複数の部門のHubbleメンバーが参加するユーザー会ですので、誰かが困ってもNotionを参照できるように準備しています。

Hubbleメンバーはチームを跨いで参加するからこそ、タイムテーブルとタススクも1人ずつ用意します。これで「困ったらNotionを見ればなんとかなる」の完成です!


当日は、0次会から大盛り上がり!

準備も進んで、いよいよ当日!

ユーザー会当日は、出会いの場として親交を深めていただく「第0次懇親会」という新たな試みから幕を開けました。その後、CEO早川によるクローズドな場だからお伝えできるここだけの話、大塚製薬株式会社の金子様によるご登壇パートと会が進行していきます。

手前味噌ですが…本当に大盛り上がりでした!当日の様子はレポートを既にリリースしていますので、ご興味ある方は是非こちらからご覧ください。

・・・・・

今回のユーザー会は大盛り上がりの中、幕を閉じました。
ユーザーの皆さまの支えがあるからこそ、Hubbleは日々進化しています。今後もユーザーの皆さまの声に耳を傾け、Hubbleをより良くしていくために一同努力し続けます。そして次回のユーザー会も、今回と同じく、もしくはそれ以上に盛り上がるためにCSチームが企画していく予定です!

ユーザー会の楽しいひとときは、Hubbleとユーザーの皆さまとの絆を深め、共に未来を築く力となりました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!


この記事が参加している募集

#企業のnote

with note pro

12,448件

#仕事について話そう

109,902件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

HubbleのTwitterも フォローお願いします