見出し画像

Hubbleの魅力を広めたい。仕事一つひとつに向き合う、新卒の愛されキャラ

今回は2023年新卒でHubbleに入社し、カスタマーサクセス(以下CS)として活躍する山村のインタビュー記事です!すでに愛されキャラとして確立している山村が、どのようにしてHubbleに入社したのか話してもらいました。

山村侑可
2023年4月新卒入社 / カスタマーサクセスチーム所属
※2022年2月よりインターン生としてジョイン

アルバイト先で出会ったSmartHR、そこからSaaSの道へ

ーー2023年新卒として入社するまでの背景を含め、自己紹介をお願いします。

大学時代、アルバイトしていたラーメン屋の労務管理ツールとしてSmartHRが導入されました。今までの紙での面倒なやり取りが電子化されたことに感銘を受け、IT業界、特に「SaaS」に興味を持ちました。就職活動時も、面倒な作業を効率化することができるプロダクトを開発している企業、特にバックオフィスSaaSを開発・提供している企業への就職を考えるようになりました。

就職活動をする中でWantedlyに登録し、様々な企業情報や求人を探している際にHubbleに出会い、インターンとして入社した後、2023年の4月に正社員としてCSチームにジョインしました。

ーーHubbleは明確には新卒採用をやっていなかったと思いますが、なぜ興味を持ったのでしょうか。

WantedlyのHubbleのページの写真や雰囲気に好印象を持ったからです。さらに、ホームページを見ると非常に洗練された印象を受け、魅力的だと感じて興味を持ちました。当時はHubbleの事業内容を完璧に理解している訳ではありませんでしたが、第一印象で引き込まれたことを覚えています。

応募後、人事の山岸とオンラインで面談し、その後オフィスに行って早川や酒井などの役員と、さらに5人ほどのメンバーとの座談会形式の面談を行なっていただきました。自身が就活中であることから、「他にどのような企業を検討しているのか?」や「なぜSaaS業界に興味を持ったのか?」などの質問を受けたことを覚えています。 

ーーHubbleでのインターンが始まった以降も、就活は行っていたのですか?

はい、続けていました。かなり忙しい日々でした(笑)。Hubbleではインターン時代からCSに所属し、理解を深める中でSaaSのビジネスモデルにますます魅力を感じ、変わらずSaaS企業を就活の中心に考えていました。

Hubble入社前後で、別のバックオフィスSaaS企業から内定をいただきましたが、Hubbleからも「Hubbleでのキャリアはどう?」と声をかけられたんです(笑)。

ーーすごいタイミングですね(笑)。Hubbleを選んだ決め手は何だったのでしょうか。

インターンの経験で、Hubbleがお客様の業務効率化や組織強化を行える上に、お客様にも愛されているプロダクト開発をしていることを身をもって体験し、Hubbleをさらに成長させたいという強い意欲から、就職を決意しました。


海外旅行を生涯の趣味に

ーーHubbleではインターンをしながら、秋頃には海外に行かれてましたね。

Hubbleのインターン期間では、2ヶ月半程度ヨーロッパで様々な国に滞在していました。ポルトガル・スペイン・イタリア・ドイツ・フランス・オーストリア・チェコ…7カ国行きました。

今回はほとんど一人で各地を回っていたので、自分のペースでのんびり旅を楽しむことができました。特に印象深い思い出は、ポルトガルでの1ヶ月間の滞在です。同じゲストハウスに宿泊していた女の子と仲良くなり、一緒に遊んだりお酒を飲んだりしました。

その女の子が最後にプレゼントしてくれた絵です。

ーーインターン前も含むと、これまで何カ国くらい行ったことがあるのでしょうか。

おそらく15カ国以上でしょうか。大学時代は多くの時間をアルバイトに費やし、アルバイトで得たお金で長期休暇中に海外に行っていました。

海外旅行をすると、日本にはない食べ物を食べたり、日本では経験できない出来事があります。フィリピンのセブ島では、フィリピン名物料理「バロット」(羽化寸前の卵)をいただきました。イタリアでは、ストライキの影響で電車が運休してしまい、宿に戻るために約1時間半も歩かなければならない状況になりました(笑)。

海外での経験はどれも新鮮で、いい経験になったと感じています。

ーー昔から海外にはよく行かれていたのですか?

子供の頃は一度だけ親戚が住んでいるアメリカに行ったことはありましたが、海外に行く機会はほとんどありませんでした。中学高校の学校行事で3カ国行ったことがきっかけで「あれ、海外って楽しいじゃん!」と感じ、大学生になったらもっと海外旅行に行こうと決意しました。

そのため、大学では語学を学び、アルバイトをして貯金しながら海外旅行に行っていました。

ーー海外に出会う前は、どのような子ども時代を送っていたのでしょうか。

子供の頃はテレビっ子でした。小学校から帰ってきたらすぐテレビをつけてずっと何かしらの番組を見ていましたね。食事中にテレビを見ており、食べるのが遅いと叱られたこともあります(笑)。中学からは勉学にも真剣に取り組むようになりました。中高一貫のとても小規模な学校に通っていたため、担任の先生との距離が非常に近く、先生が私の性格を熟知した上で勉学へのモチベーションを高めてくれました。

ーー今の山村さんを作ったエピソードがあれば教えてください。

高校時代、私は体育祭の企画委員長や文化祭の運営委員、そして卒業式の謝恩会実行委員会の委員長など、イベントの企画・運営に非常に多く関わりました。各行事での企画立案や実際の運営を通して一つのものをたくさんの人の手で作り上げる大変さも実感しましたし、行事終了後の参加者の楽しそうな笑顔を見ることで達成感を感じていました。

大学になっても学園祭実行委員会に入り、より規模の大きいイベント運営に携わりました。新型コロナウイルスの影響で1度しか学園祭の対面開催は叶いませんでしたが、自分の「好き」を実感しました。

その「好き」を尊重してくださり、Hubbleのユーザー会などのイベントも私が企画から主導しています。


プロダクトの魅力を広めたい

ーー正社員として入社して半年経ちましたが、改めてHubbleに感じる魅力はありますか?

一番の魅力はやはりプロダクトです。 

Hubbleのプロダクトを詳しく知るにつれ、お客様の課題を本質的に解決し、組織強化を推し進める魅力的なものであることが分かりました。Hubbleユーザーの皆さまにHubbleを導入した効果をご実感いただけるよう、CSとしてのサポートを続けたいと思っています。インターンからの期間も含めるとジョインして1年以上経ちますが、日々プロダクトへの矜持が高まっています。

また、CSチームもいいチームだと感じます。HubbleのCSチームには法務やCSの経験を持つベテランのメンバーばかりですが、穏やかな雰囲気で積極的にコミュニケーションを取ることができています。オフィスに出社しているメンバーも多いため、コーヒー休憩中に雑談を楽しんだり、帰りに一緒に駅まで歩くこともあります。

ーーユーザー会の話が先ほどありましたが、今山村さんの主なミッションはなんでしょう。

主に3つの役割があります。
1つ目はCSM(Customer Success Manager)業務です。自分の担当するお客様のオンボーディングを進め、Hubbleの導入だけでなく、しっかりと定着するようにサポートしています。

2つ目はユーザー会の企画と運営です。Hubbleのユーザーの皆さまが参加したいと思うような企画を立案したり、参加してくださった皆さまに喜んでいただけるようなノベルティの製作を行っています。

3つ目はユーザー様向けのコンテンツ制作です。Hubbleの機能アップデートがあった際などにメールマガジンを送ったり、マンスリーレポートという毎月のHubbleのトピックスをお伝えしたり。より多くの皆さまに情報をお届けしたいという思いで取り組んでいます。

HubbleのCSは業務が多岐にわたるため、CS内はもちろん、他のチームと連携しながら取り組んでいます。

ーー他にも取り組んでみたいことなどはありますか?

ずっとやりたいと思っているのは、ユーザー様とのコミュニティ運営です。ツール選定から実際の運用方法まで考えを深めています。まだ具体的な計画には着手していませんが、近い将来、実行に移したいと考えています!

ーー山村さんが仕事をする上で、大切にしていること・意識していることを教えてください。

Valuesの「人間性の好循環」を意識して、社内で何か困っている方へ積極的に手を差し伸べることを心がけています。

例えば、新入社員の方にはプロダクトと顧客理解のためにカスタマーサポートの領域をご協力いただいています。難しい問いに対して新入社員の方が悩んでいそうと感じたら自分から積極的にお声がけすることを意識し、悩まれている部分を解消する手助けをしています。

ーー最後に、現段階でどのようなキャリアを目指しているかお願いします!

まずはHubbleでCSとして経験を積み、次なるキャリアの選択肢を広げたいと考えています。HubbleのCSはカバー範囲も広く、手を上げれば任せていただける環境のため、チャレンジを重ねて自身の可能性や得意に向き合いたいです。最終的なキャリアゴールは定まっていませんが、仕事一つひとつに丁寧に向き合い、着実にステップアップしていきたいです。

書いた人
しらき なお:@naxano__


この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,532件

#入社エントリ

2,950件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

HubbleのTwitterも フォローお願いします