見出し画像

シリーズAのスタートアップだけど、Hubbleはキャリアの選択肢が多い理由

転職活動をする時、事業や業務以外にも気になることってたくさんありますよね。人によって気になる要素は異なると思いますが、Hubble(の特にビジネスサイド)の採用活動においてよく聞かれるのは「どんなキャリアを歩めるのか」ということ。

このnoteでは、Hubbleではどんなキャリアを歩めるのか・どんな経験を積むことができるのかをご紹介します!


大前提、やりたいことは実現させたい

CEO 早川

Hubbleでは、前提として「個々のやりたいことを実現させたい」「実現できる環境を提供したい」という考えがあります。とはいえ、こんなこと言おうと思えば誰でも言えると思うので、CEOの早川に「なぜHubbleはこのような考え方なのか」を改めて聞いてみました!

早川:そもそも会社が個人のキャリアを縛るという発想自体がありませんでした。長くHubbleで働いてもらうためには、Hubbleでキャリアの選択ができる環境であるべきだと考えます。だからこそ、Hubbleのメンバーにはどんなことがやりたいかを積極的に発信してもらいたいと思っていますし、評価面談のタイミングではメンバー一人ひとりが伝えやすいような雰囲気にすることを心がけています。


自分でキャリアを築いたHubbleのメンバー

キャリアについてどのように考えているかが伝わっていたら嬉しいです。次は実際にHubbleに入社した後にキャリアを変えた・選んだメンバーを紹介します!

Customer Success → BAO(新設ポジション立ち上げ)

以前のnoteでも紹介した通り、会社の課題を解決するために新設したチームを立ち上げたメンバーです。

彼は2021年新卒としてHubbleに入社し、元々はカスタマーサクセス(以下CS)として、様々なお客様の導入〜活用支援を行っていました。ユーザー会なども企画・運営しており、CSとしてなくてはならないメンバーの1人に成長しました。

その後、会社として必要な役割・ポジションであるBAO(Business Analytics & Operations)を立ち上げ推進してくれています。ちょうど立ち上げから半年経ったのですが、どのような成果を出してくれているかは、こちらをご覧ください。


Inside Sales → Marketing

彼女はCLO酒井に続く、弁護士資格保有者です。入社時はインサイドセールス(IS)に所属し、ナーチャリング施策のためのコンテンツを提供してくれていました。

当時ナーチャリング施策のためのコンテンツは主にホワイトペーパーだったのですが、会社としてもっとWebコンテンツやウェビナー・イベントにも力を入れていきたいと舵を切ることに。彼女に相談したところ、本人のやりたいことにもマッチしていたため、マーケティングチームへ異動し、活躍の幅を広げています。

ちなみに…マーケティング業務に加えて、社内のリーガルチェックや、有識者視点でプロダクト開発に関わったり、LOL(Legal Ops Lab)の記事を執筆したりと、社内でもトップレベルに業務範囲が広くなりました(笑)。

ここまで業務範囲が広がったのは、もちろん本人の意志ありきです。有識者だからこそ思いつく企画やプロダクト開発への提言があったりと、本当に心強いです。最近では「彼女は5人いる」と噂も立つようになりました。


Frontend Engineer

創業期からHubbleのプロダクト開発を牽引するメンバーの1人。彼の場合は、リーダーやマネージャーになってメンバーを管理していくより、エンジニアとしての技術を徹底的に磨いていく方に強いこだわりを持っていました。(このような希望をエンジニアの方からよく聞きます。)

会社として成長するにつれ、経営会議やマネジメント会議など、会議体が増えてきましたが、そこで思うのは「開発者視点での意見が欲しい」ということ。

そこで、齋藤のマネージャーになりたくはないというやりたいことを実現しつつ、会社としてより良い方向に進んでもらうために、会議に参加してもらうようになりました。

このように、会社から新たな役割をお願いすることもありますが、本人の本当にやりたくない領域を無理にお任せすることはありません。これも冒頭の早川の考えがあってこその意思決定と感じています。


キャリアの選択肢が多い理由

キャリアの選択肢を多くしたいと会社が思っても、環境によって実際は難しいということは往々にしてあると思います。Hubbleはなぜキャリアの選択肢が多いのか。これは今のフェーズだからというのは大きな理由の1つです。

今のHubbleは成長フェーズで、事業目標も高く、採用も引き続き強化しています。目標を達成するための施策を進めていけばポジションや役割が増えていくことは、これまでのBizDevやBAOが新設されている実績からも明らかです。

また、早川の考え方である会社都合でキャリアを縛りたくないという想いから、キャリアの自由度は非常に高いと感じています。

昨年シリーズAを終え、現在はシリーズBに向けて絶賛準備中のHubble。高い事業目標を達成するために引き続き一緒に頑張ってくれる仲間を探しています。どんなキャリアを歩みたいのか、どんな経験を積みたいかなど、是非面談で教えてください!

書いた人
しらき なお:@naxano__

この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,838件

#企業のnote

with note pro

12,984件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

HubbleのTwitterも フォローお願いします