見出し画像

もう迷わない!Hubble品川オフィスへの行き方【移転しました】

※2023年7月10日に、恵比寿へオフィス移転しました!

Hubbleでは商談や採用面談など、社外の人とお話することがあっても、基本的には全てオンラインで行っています。

でも取材やイベントなどオフラインでお会いするタイミングや、内定前にオフィスの雰囲気を見てもらったりなど、たまにオフィスにお越しいただかないと難しいイベントもあります。

その際の悩みの1つが、オフィスにたどり着くのに迷う人が多いということ。(実際に私自身も入社前にオフィス訪問した際に2回エレベーターに乗り間違えました。)

このnoteを読んでもらえれば、初めての方でも迷わずに!Hubbleのオフィスにお越しいただくことができます。

オフィスへの行き方

まずは品川駅の改札を出たら、港南口へ向かいます。

よくニュースなどで写るこのデジタルサイネージに囲まれた通路を通りぬけたら、階段・エスカレーターは降りずに右方向へ。

すると左右にまたビルが並んでいるのですが、左側へ向かいます。ビルに「品川インターシティ」と書いてあるのが徐々に見えてきます。最初のA棟の入り口を入ってください。

インターシティに入ったら、最初のエスカレーターに乗ります。

エスカレーターをあがると、右側にエレベーターが3つあります。3つのうち真ん中のエレベーターに乗って、22階を押してください。

実はここが難関ポイントで、どれがHubbleの入っている22階に止まるか非常に分かりづらいんです(笑)。真ん中と覚えてください。

22階についたら、右方向を見ていただくとSPROUNDと書いてあります。ここがHubbleの入っているシェアオフィスです。事前に担当から受付メールが届いているので、そこに記載のQRコードをタブレットにかざせばゴール!


ちょっとだけ、オフィスの紹介

Hubbleの入っているシェアオフィス・SPROUNDは、日鉄興和不動産DNX Venturesが運営している、スタートアップ向けのシェアオフィスです。

Hubble以外にもシードからシリーズAのスタートアップが入っており、仕事の合間やランチの時間帯などでコミュニケーションを取ることができます。また、定期的にDNX Venturesが主催しているSaaS勉強会に参加できたり、入居しているスタートアップ同士で交流を深めるイベントも開催されています。

このSPROUNDは、ざっくりと2つのエリアに分けられています。

1つはコミュニケーションエリア。オフライン・オンラインでのMTGを行ったり、お弁当を食べたり。イベントを行うのもこのエリアになります。

Hubbleの社員はリモート組も多いため、出社していてもオンラインでコミュニケーションを取ることが多いです。そのため、このコミュニケーションエリアを見渡せば、Hubbleメンバーの誰かしらがいる、ということがほとんどです。

カウンターにはCEOの早川が毎日いるので、ちょっとした雑談などもしやすい環境です。コーヒーを飲んだり、仕事終わりにお酒を飲んだりもしています。

もう1つのエリアがフォーカスエリア。コミュニケーションエリアとは反対に、集中して作業に当たるためのエリアになっています。

そのため、MTGは禁止で、飲食も集中力に影響が出る匂いの強いものは禁止となっています。

このフォーカスエリアの先には、各社の占有スペースがあります。Hubbleでは通称”部室”と呼んでいて、モニターを使って仕事したい場合などはここで仕事をする人も。

以上、ちょびっとHubbleメンバーが働く環境のご紹介でした!


オフィスでお待ちしています!

いかがでしたか?
少しでも安心して、そして少しワクワクしてオフィスにお越しいただけると嬉しいです。

それではオフィスでお会いできること、楽しみにしております!

・・・

この記事を書いた人
しらき なお:https://youtrust.jp/users/naos


この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,838件

#企業のnote

with note pro

12,984件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

HubbleのTwitterも フォローお願いします